今現在ダイエットをされている方、これからしようと思っている方、挫折してしまった方いると思います。

ダイエットは色々な方法があり、私自身も様々な方法で試しました。

ダイエットは食事制限、運動して頑張る方、サプリメントを取り入れてする方もいます。

ですが、食事制限は一時的に痩せてもすぐにリバウンドしてしまい、綺麗に健康的に痩せるとは言えませんでした。

体に必要な筋肉が落ちてしまい、体力も落ちてしまい、運動を取り入れようと思っても力が出ませんでした。

運動しようと漠然に思っていても何をしていいのか分からない方も多く、悩んでいるかと思います。

ランニングやスイミング、とりあえずジムにでも通ってみようかなと思う方もいると思います。

ランニングやスイミングは有酸素運動ですが、ジムでひたすらランニングマシーンで汗をかいている方、また筋トレをしている方も見かけます。

一見ランニングなどの有酸素運動の方がハードで痩せそうと思っている方もいますが、実は筋トレはダイエットに近道なんですよ。

筋トレとは

筋トレは男の人がするもの、ムキムキになるのが抵抗あると思っている方も多いと思いますが、女性にとってもダイエットにオススメです。

ご存知の方もいるかと思いますが、筋トレは糖質をエネルギーとして使用する無酸素運動です。

基礎代謝という言葉は聞いたことがあると思いますが、生命を維持するために使われるエネルギーのことで、内臓を動かしたり、血液の循環、体温調節に欠かせません。

また、何もしていない安静時や睡眠時にも消費されるエネルギーのことで、基礎代謝の半分は全身の筋肉で消費していますので、筋トレして筋肉の量を増やせば勝手に消費されるので無理な運動や食事制限をしなくても楽に痩せられるんです。

ランニングやスイミングは運動していない時はカロリーを消費しません。

筋トレの良い点

筋トレの凄いところは、筋トレをした直後からすぐに代謝が上がりますし、また筋トレ後の代謝が上がっている状態は二日間続くんですよ。

今すぐにでも筋トレしたくなりますよね。

すぐに体重を落とすことがダイエットだ思っていると思いますが、筋トレで一時的に体重が増えてしまってやめてしまう方もいますが、長い目でみると、筋トレで筋肉をつけて、基礎代謝をあげる方が効率的なんです。

焦る気持ちは分かります。

よくあることですが、体重は少ないのに見た目は太って見える方いませんか?

また反対に見た目はスリムに見えるのに体重を聞いて意外とあるなと思ったりしたことありませんか?

これはやはり筋肉量の違いだと思います。

脂肪は軽く、筋肉は重いですが筋肉がついている方は引き締まって見え、脂肪が多い方はぼてっとしてだらしなく見えたりしますよね。

ですから、筋肉を付けることはダイエットへの近道になるんですよ。

とりあえず腹筋をしてみようかなや筋トレといっても何をどうしたらいいのか分からない方もいると思います。

筋トレ初心者

筋トレ初心者の方には鍛える場所を日によって変えることをおすすめします。

それはなぜかと言うと、1つの筋肉が回復するまで72時間かかってしまうので、回復までに負荷をかけると怪我に繋がる原因となるからです。

ですから、まずは無理のない10回×3セットから始めることをおすすめしたいと思います。

効率的な筋トレ

効率的に行うためにもダンベルなども負荷をかけてあげると短時間で効果が得られますので、ダンベルを活用し家にダンベルが無ければペットボトルに水を入れて使ってみましょう。

筋トレは毎日行うことがベストですので、無理なく続ける事が大事です。

そして、筋トレに必要なのは栄養と休息で、筋トレによって疲労した筋肉を回復させ、修復させます。

必要な栄養素は筋肉を付けるためのタンパク質はもちろん、炭水化物などの糖質も摂取するようにしましょう。

炭水化物は太りそうと思うかもですが、タンパク質が筋肉の材料として使われず、体を動かすためのエネルギーとして使われてしまうのです。

ですから、炭水化物を抜いたりせずに、ビタミン、ミネラルなどの摂取も積極的にしていきましょう。

そして、休息ですが、成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されるので、筋肉の発達に睡眠は欠かせないのです。

また、成長ホルモンは寝てから3時間に多く分泌され、筋肉の発達の他にも脂肪燃焼効果や肌の修復もしてくれます。

これらを踏まえて筋トレ始めてみてはいかがですが?

筋トレの注意点

最初はうまくいかないかもしれませんが継続すると言うことが鍵となります。

ジムに行かなくても自宅で始められるのも魅力的ですので、仕事で忙しい方や主婦の方でも空いた時間にダイエットできますよね。

お子様がいる方は遊びながら筋肉を意識して抱っこしたり、スクワットするだけでも違うと思います。

今までなんとなくジムに通われていた方も筋肉を意識したトレー二ング方法に見直して見てくださいね。

食事制限など無理なダイエットはくれぐれも禁物です。

これから肌の露出する時期まで十分時間はありますので、まずは3ヶ月を目標に頑張ってみましょう。

また、慣れてきたら筋肉増強などのサプリメントなどを併用するとさらに効果も得られます。